小学生から社会人まで続いたムダ毛のトラウマ

私、以前からムダ毛に悩まされています。

 

思えば昔からムダ毛が多く、小学生も高学年の頃にはすねや腕にモッサモッサと毛が生えていたように思います。

 

思春期で多感な中学生時代、ドラマや漫画を見ればムダ毛の無いツルッツルの身体の登場人物が八面六臂の活躍をしており、すねや腕に毛の生えたキャラはギャグ要員か悪役ばかりでした。

 

そして高校時代になると髭まで濃くなり始め、剃る回数も1週間に1回から3日に1回になり、終いには毎日剃らないとボーボーの状態になってしまう始末。

 

おまけに髭の剃り跡の青々とした部分を当時の同級生にイジられ、つけられたあだ名は「ホモ夫」。

 

当時大人気だったお笑い番組のキャラクターから取られたのですが、当然私は普通に女性が好きですし、何ならクラスに好きな女性もおりました。

 

同級生が私に対してその名を発した途端、クラス中は大爆笑。

 

私の好きな女性も両手で顔を隠して爆笑していました。

 

こうして、私の淡い初恋は脆くも崩れ去ったのです。

 

大学へ進学すると、同じように髭の濃い人間が増えてきたので「ホモ夫」というあだ名は言われなくなりましたが、太く眉間でもうっすらつながった眉毛を指され、サークルの先輩に付けられたあだ名は「両さん」。

 

これまた漫画のキャラですが、それを言われた瞬間にサークルの部室は大爆笑。

 

サークルに入って1ヶ月もしないうちにイジられキャラとなり、社会人となった今でも「両さん」と呼ばれています。

 

ここまであだ名が浸透してしまうと、今更ムダ毛処理をしたところで無意味です。

 

逆にムダ毛を処理すると、その部分をイジられる可能性すらあります。

 

本当に昔からムダ毛に悩んでいます……。

 

ムダ毛の手入れくらい男性でもしっかりしてほしい

 

男性のムダ毛はかなりドキッとします。

 

いくら顔を丁寧に洗顔して素敵なファッションに身を包んでいたとしても、服を脱いだら胸毛がボーボーだった時、ドキッとしますね。

 

まあ、胸毛なら、外国人ならダンディな部分として捉えればいいのですが、日本人の童顔な顔の男性が胸毛があると驚いちゃうんです。

 

それだけならまだしも、背中にもムダ毛があった時にはがっかりです。

 

がっかりを通り越して、嫌だなと思っちゃうんですよね。

 

何だか大昔のまだ毛のあった頃の人間という感じで、ドン臭いなと思ってしまうんです。

 

なんだか汚いイメージがするのも嫌ですね。

 

こんな男性に抱かれたくありません。

 

又、もっと嫌だなと思うのが、指の毛です。

 

指の付け根部分から第一関節の部分の間に、かなり濃い、太い毛が幾つが生えているのですが、その手を見ると、繋ぎたくないなと思うわけなんです。

 

それを見て、ちょっとその童顔の男性を嫌いになってなっちゃったんです。

 

本当に毛のムダ毛くらいは何とかしてもらいたいなと思いますよね。

 

仕事の関係でオイルやペンキなどが指に付いているのなら仕方ありませんが、さすがにボーボーのムダ毛が指に生えているのは嫌です。

 

目に見える部分ですから、毛抜きなり、脱毛クリームなどで綺麗に脱毛してケアをして欲しいなと思うわけです。

 

今時の男性で、そんな毛がある人って何だかがっかりです。

 

ドン臭いイメージもしてきて、こんな男性とは付き合いたくないなって思っちゃいますね。

 

最近では↓のような男性でも脱毛できるサービスがあるのですから利用すればいいのでは?と思ってしまいます。
メンズ脱毛について書かれたサイト

 

 

大好きな男性なら、背中と手のムダ毛くらいは綺麗に脱毛して欲しいなと思うんです。